地球温暖化の影響でモルディブが無くなる?!

40代の会社員の男です。

これは俺が、今から8年前にモルディブに新婚旅行に行ったときの話です。

奥さんと新婚旅行はどこへ行くか?南国がいい!いやヨーロッパがいい!などいろいろと検討していて行くまでも楽しかったです。
結婚式はしなかったので、旅行で贅沢しよう!っていうことで二人で決めた。

そこは「モルディブ」、まさしく南国です。インド洋に浮かぶ数千個の島々からなるモルディブ共和国。蒼い海と真っ白な砂浜、新婚旅行にはもう最高なロケーションです。(^▽^;)

俺たち夫婦は、そのモルディブの中の一つのリゾート、フォーシーズン・アット・クダフラというリゾートに泊まることに決めました。

世界的に有名なフォーシーズンなので間違いがないと。。そしてよくテレビなんかで見る「水上コテージ」に宿泊することに。
そしていよいよ新婚旅行のスタート。成田からスリランカを経由、スリランカからモルディブの首都マーレまで飛行機で。そこから各リーゾートへは10人ぐらいが乗れる高速ボートで移動しました。ただ夜なので真っ暗、潮の香りが海にいるのだと感じてました。

しかしスリランカでのトランジットは長かったです。6時間ぐらいあったかと・・・正直、疲れました。

モルディブに着いて初めての朝、目覚めると一面、海!!水上コテージなので床の下も水面が見えて魚が泳いでます。驚いた事に普通にイカがスイスイ泳いでるのに感動しました。

水上コテージの桟橋を二人で歩いていると、今度は、南国らしい鮮やかな色をした熱帯魚みたいな魚が一杯集まっています。

ほんとうに豊かな海なんだなあ!と又、感動しました。ビーチに行くと真っ白なのですが、実は砂ではなく珊瑚の死骸でした。

実はモルディブは、この珊瑚の死骸が浅瀬に溜まり、何億年かかってできた島なんです。なので海抜もすごく低いです。

2004年12月に発生したスマトラ沖地震による津津波で深刻な被害を受けたのも記憶に新しいです。又、海抜が低いために、地球温暖化が進むと海面が上昇するため、近い将来、モルディブが水没してしまうのではないか?と懸念されていますね。

もしこの美しい島々が無くなってしまうと思うと、ほんとうに悲しいです。又、地元の方も住むところを失うことになるので絶対に温暖化対策は、個人レベルでもやる必要があると思います。

この美しい島で数日でしたが、本当に僕ら夫婦にとって大切な思いでとなりました。

どうかこの美しい海、珊瑚礁が無くならないように願っています。
これは俺が、今から8年前にモルディブに新婚旅行に行ったときの話です。

奥さんと新婚旅行はどこへ行くか?南国がいい!いやヨーロッパがいい!などいろいろと検討していて行くまでも楽しかったです。
結婚式はしなかったので、旅行で贅沢しよう!っていうことで二人で決めた。

そこは「モルディブ」、まさしく南国です。インド洋に浮かぶ数千個の島々からなるモルディブ共和国。蒼い海と真っ白な砂浜、新婚旅行にはもう最高なロケーションです。

俺たち夫婦は、そのモルディブの中の一つのリゾート、フォーシーズン・アット・クダフラというリゾートに泊まることに決めました。

世界的に有名なフォーシーズンなので間違いがないと。。そしてよくテレビなんかで見る「水上コテージ」に宿泊することに。
そしていよいよ新婚旅行のスタート。成田からスリランカを経由、スリランカからモルディブの首都マーレまで飛行機で。そこから各リーゾートへは10人ぐらいが乗れる高速ボートで移動しました。ただ夜なので真っ暗、潮の香りが海にいるのだと感じてました。

しかしスリランカでのトランジットは長かったです。6時間ぐらいあったかと・・・正直、疲れました。

モルディブに着いて初めての朝、目覚めると一面、海!!水上コテージなので床の下も水面が見えて魚が泳いでます。驚いた事に普通にイカがスイスイ泳いでるのに感動しました。

水上コテージの桟橋を二人で歩いていると、今度は、南国らしい鮮やかな色をした熱帯魚みたいな魚が一杯集まっています。

ほんとうに豊かな海なんだなあ!と又、感動しました。ビーチに行くと真っ白なのですが、実は砂ではなく珊瑚の死骸でした。

実はモルディブは、この珊瑚の死骸が浅瀬に溜まり、何億年かかってできた島なんです。なので海抜もすごく低いです。

2004年12月に発生したスマトラ沖地震による津津波で深刻な被害を受けたのも記憶に新しいです。又、海抜が低いために、地球温暖化が進むと海面が上昇するため、近い将来、モルディブが水没してしまうのではないか?と懸念されていますね。

もしこの美しい島々が無くなってしまうと思うと、ほんとうに悲しいです。又、地元の方も住むところを失うことになるので絶対に温暖化対策は、個人レベルでもやる必要があると思います。

この美しい島で数日でしたが、本当に僕ら夫婦にとって大切な思いでとなりました。

どうかこの美しい海、珊瑚礁が無くならないように願っています。
これは俺が、今から8年前にモルディブに新婚旅行に行ったときの話です。

奥さんと新婚旅行はどこへ行くか?南国がいい!いやヨーロッパがいい!などいろいろと検討していて行くまでも楽しかったです。
結婚式はしなかったので、旅行で贅沢しよう!っていうことで二人で決めた。

そこは「モルディブ」、まさしく南国です。インド洋に浮かぶ数千個の島々からなるモルディブ共和国。蒼い海と真っ白な砂浜、新婚旅行にはもう最高なロケーションです。

俺たち夫婦は、そのモルディブの中の一つのリゾート、フォーシーズン・アット・クダフラというリゾートに泊まることに決めました。

世界的に有名なフォーシーズンなので間違いがないと。。そしてよくテレビなんかで見る「水上コテージ」に宿泊することに。
そしていよいよ新婚旅行のスタート。成田からスリランカを経由、スリランカからモルディブの首都マーレまで飛行機で。そこから各リーゾートへは10人ぐらいが乗れる高速ボートで移動しました。ただ夜なので真っ暗、潮の香りが海にいるのだと感じてました。

しかしスリランカでのトランジットは長かったです。6時間ぐらいあったかと・・・正直、疲れました。

モルディブに着いて初めての朝、目覚めると一面、海!!水上コテージなので床の下も水面が見えて魚が泳いでます。驚いた事に普通にイカがスイスイ泳いでるのに感動しました。

水上コテージの桟橋を二人で歩いていると、今度は、南国らしい鮮やかな色をした熱帯魚みたいな魚が一杯集まっています。

ほんとうに豊かな海なんだなあ!と又、感動しました。ビーチに行くと真っ白なのですが、実は砂ではなく珊瑚の死骸でした。

実はモルディブは、この珊瑚の死骸が浅瀬に溜まり、何億年かかってできた島なんです。なので海抜もすごく低いです。

2004年12月に発生したスマトラ沖地震による津津波で深刻な被害を受けたのも記憶に新しいです。

又、海抜が低いために、地球温暖化が進むと海面が上昇するため、近い将来、モルディブが水没してしまうのではないか?と懸念されていますね。

もしこの美しい島々が無くなってしまうと思うと、ほんとうに悲しいです。又、地元の方も住むところを失うことになるので絶対に温暖化対策は、個人レベルでもやる必要があると思います。

この美しい島で数日でしたが、本当に僕ら夫婦にとって大切な思いでとなりました。

どうかこの美しい海、珊瑚礁が無くならないように願っています。